秘書

秘書の種類

日本では、様々な秘書の種類があります。それぞれ仕事の内容も違います。私たちがイメージするのは、企業の重役の役員秘書や、代議士などについている議員秘書などですが、それ以外にも様々な種類があるのです。

簡単に種類別に仕事内容を紹介しましょう。

秘書の種類一覧

種類

内容

役員秘書

企業の経営者や役員をサポートする個人秘書や、部署などを担当するグループ秘書のことを言います。一般的に言われる『秘書』は、この役員秘書のことを指します。

専門職として採用され、秘書業務だけを専門に行う専従型と、一般で入社し、配属が秘書となる場合があります。派遣社員の場合もあり、配属先は秘書課や秘書室になります。

グループ秘書の場合は、所属する部署に配属ということになります。

仕事内容は、担当役員の身の回りの世話や、接客、メールやスケジュール管理、会議や出張、慶事、パーティーの準備や出席、文書作成などを行います。

株主総会の準備も担当します。

学者秘書

大学教授や、研究者をサポートする秘書のことを言います。

普通、研究費で雇用され、教授や研究者の身の回りの世話や事務系の仕事、研究費公募の準備などを行います。

仕事内容は、実験の助手をしたり、データの整理、学会のための資料作成などの研究サポートや、電話対応や書類整理などの事務的なサポートなど、内容は雇用主によって様々です。

芸術家・建築家等の秘書

専門的な職業である、芸術家や建築家などをサポートする秘書です。

事務的な仕事の他にも。経理面でのサポートを行う場合もあります。

医療秘書

秘書の試験の中に、医療秘書技能検定というものがあります。

医師のスケジュール管理を行ったり、出張や会議、学会などの準備も行います。中には、受付や会計、診療報酬明細書の作成など、医療事務の分野を行う場合もあります。

弁護士秘書

法律事務所で、弁護士の仕事をサポートします。事務処理などを行いますが、規模の大きい法律事務所では、法律に関する事務はリーガルアシスタントと呼ばれる者が行います。

これらの区別がない場合、一般的には事務員と呼ばれています。

プロジェクト秘書

決められた特定のプロジェクトの秘書です。

リーダーをサポートし、事務局として仕事をします。

議員秘書

国会議員をサポートするスタッフの総称です。

私設秘書、公設秘書、政策秘書の三種類があります。公費で雇用できるのは、公設秘書2名、政策秘書1名までになります。議員の私費で雇用されるのが私設秘書になります。

公設秘書、私設秘書に関しては、特に資格の制限はありませんが、政策秘書に限っては、『資格試験合格者登録簿または審査認定者登録簿に登録された者の中から採用』と、国会議員の政策秘書資格試験等実施規程第30条に定められています。

政府高官の秘書

内閣総理大臣、国務大臣には、秘書官と呼ばれる特別職公務員がつきます。

地方公共団体の役員秘書

地方公務員法の規定に基づき、地方公共団体の長、議会の議長は、条例で地方公務員特別職の秘書をつけることができます。