秘書

秘書検定

秘書検定にはいくつか種類があります。最も一般的で人気があるのは『秘書技能検定』ですが、その他にも秘書能力検定、医療秘書技能検定、米国秘書検定などがあります。ここでは最も人気のある、『秘書技能検定』について取り上げていきましょう。

余談ですが、秘書検定に合格していないからと言って、秘書になれないわけではありません。秘書になるために、資格が必須ではないからです。ですが、医療事務も資格がなくてもできますが、有資格者が現場での即戦力になることと同様、秘書においても、資格を持っていた方が有利と言えるでしょう。

秘書技能検定試験

人気のあるこの試験では、1級、準1級、2級、3級があります。

準1級と2級の資格においては、厚生労働省が行っている、若年者就職基礎能力支援事業で、企業が秘書に求める能力を備えていると言う証明にもなります。社会人として、正しい言葉遣いや動作、表情など、企業が求める人柄を育てることにあり、秘書という仕事に就かなくても、社会人としてのマナーが見につく資格になります。

個人で勉強して受験することもできますし、大学や短期大学で様々なことを学んで受験することもできます。

試験概要

秘書技能検定試験の全体の要点をまとめて紹介します。

受験資格

年齢・性別・学歴不問

試験日程

2月、6月、11月の年3回実施 

(2月は2級と3級のみ)

申し込み

試験予定日2ヶ月前〜1ヶ月前の1ヶ月間 

(変更の場合あり)

試験会場

地域ごとにブロック化 

(個人受験の場合は希望ブロックを選択可)

合格通知

本人宛に試験後1ヶ月で通知

試験

秘書技能検定試験の出題範囲は、各級共通になります。出題形式は、2級と3級が筆記試験のみになります。選択問題が9割、記述式が1割になります。

準1級は、選択問題と記述式が半分ずつの割合で、3人1組での面接試験が10分間あります。

1級の筆記試験は記述式のみになり、面接試験は2人1組で15分になります。

試験内容

簡単に、試験の出題範囲を紹介しましょう。

秘書の資質

問われるのは、臨機応変な対応、気配りなどの能力

職務知識

問われるのは、秘書としてしなければいけない業務や、その具体的な方法の知識

一般知識

問われるのは、会社組織の構造や一般常識、ビジネス用語

マナー接遇

問われるのは、マナーや言葉遣い、来客時や電話対応の知識

技能

問われるのは、事務処理などの秘書に必要な能力 (スケジュール管理、文書作成、会議の準備等)